165514_400

部屋の「雰囲気」を作ること

在宅でチャットレディのお仕事をする場合、自宅のテーブルで椅子に座ったままノートパソコンのアングルからカメラを設置して映すのも悪くはないですが、顔を出さない場合、映るのは口元と胸元くらいになると思います。

それだと会員様への情報提供が少なすぎるのです。

服装や部屋の印象で雰囲気を作るようにしましょう。

どんなタイプのサイトにも対応できるのはとにかく「どこだかわからないようなところ」になります。

一軒家の一部屋なのか、もしくはワンルームのアパートの片隅なのかよくわからないような場所が一番いいです。

カメラのアングルによっては意外と生活用品が映ってしまったり・・・ということもあります。

そういうお部屋ですとお客様がパフォーマンスに集中できません。

そして「個人を特定されない」「プロフィールを変えてあるのでわからないようにしたい」という場合は特にカメラに映るものに気を付けましょう!

 

コツはカメラからのアングルよりも大きい範囲で部屋を隠すようにするこです。

手でカメラを持って、時々アングルを変えたりするときにも周囲にはちゃんと「雰囲気」のあるような状態にしておくのがベストです♪

 

例えば「人妻」設定なのに、あきらかに1部屋で机や本棚があったりすると会員様は「あれ?おかしいなぁ」と思ってしまうと思います。

 

ベストなアングルはベッドの上か、低いソファーの上でできるだけ脚まで見えるようなカメラアングルで待機をしていることです。

顔出しをしないということであれば、特に体の様子がよくわかるカメラアングルにしましょう♪

面倒くさくても、お仕事の前にはパソコンや部屋を整えて万全の状態でチャットができるようにしましょうね。

これは最低限のルールといえます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


今月の札幌チャットレディ人気店舗応募ランキング


おすすめ記事