yell

ツールを使う

待機の時間が長くなった時(15分位)経っても会員様が来てくれない場合の対処法をご紹介します。

 

一番いいのは自分を「お気に入り」してくれいる会員様に「今日もログインしてるのでよかったら遊びにきてね」と営業メールを送ることです。

送った会員様が丁度暇なら「じゃあちょっとログインするかなぁ」と来てくれる可能性はかなり高いです!

お気に入りとは今までチャットをしたことない人が登録してくれていることもあります。

そのような時は「初めまして^^お気に入り登録してくれてありがとうございます。今ログインしているので、もしよかったら一緒に遊びませんか?」と丁寧にメールを送ってみましょう。

お気に入り登録されているということは自分に興味を持ってくれている会員様なのです。チャンスを逃す手はありません!

 

他にも有効なのは、ログインをしているときに「待機中のつぶやき」をまめに更新してみることです。

最初はいつものまま「あそびましょ♪」というような感じでいいのですが、待機時間が長くなってきたら変えるようにしましょう。

その時のコツは「ターゲットを絞ったつぶやきにすること」です。

「そんなことをすると逆に会員様が来なくなるんではないか」と思ってしまうかもしれませんが、これが営業の基本ですよ。

 

10人の男性会員様が「あそびましょ♪」というつぶやきを見た時「そっか。遊びたいんだ」で終わりです。

それが「脚を見られるのが好き♪ハイヒールで待ってます」だとどうでしょうか。

同じ10人の男性が見た時にその中の1人が「脚フェチ」だった場合、その会員様は間違いなくあなたの脚を見たい!という風になります。

チャームポイントとは、そのようにいくらでもアピールができますし、いくらでも武器になってしまうのです。

「自分を知る」ということは物凄く大事なことです。

ライブチャットサイトによってはいろんなツールがあります。

習得に時間がかかっても全てを使い尽くすつもりで準備をしておきましょう。

私のいたサイトでは1カ月にほぼ1度もログインをすることなく月50万円は稼いでいる女性パフォーマーがいました。

何で稼いでいたのかというと会員様は1回閲覧することで数ポイントが勝手に入ってくる「有料動画」です。

その人は有料動画にパフォーマンス中の映像をアップして、月に何千人という人がそれを見る事で月50万円を稼いでいたのです。

不労所得というのでしょうか。

このような例もありますので、是非ツールは全て使うようにしましょう!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


今月の札幌チャットレディ人気店舗応募ランキング


おすすめ記事